赤いブルームーン??

光学品天体望遠鏡, 皆既月食

こんにちは!(*・ω・)ノ

今日はご存知の方も多いと思いますが、「皆既月食」ですね。

月食とは月が地球の影に入ることによって起こるんですが「部分月食」と「皆既月食」があり、月が地球の影に完全に入り込む月食のことを「皆既月食」と呼びます。

1.31moon2.jpg

とは言え、皆既食中の月は真っ暗になって見えなくなるわけではなく「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色になります。しかしいつも同じ色というわけではなく、色は皆既月食ごとに変化することが知られています。

1.31moon3.jpg

普段見ることのない神秘的な色になる月を楽しみましょう!

前回の満月は1月2日でしたので、1か月の間に2回満月が起こるときにその2回目の月を「ブルームーン」と呼びます。あくまで俗称で、実際に月が青く見えるわけじゃないですよ。

しかし赤いブルームーンと文字にするとわけが分からなくなりますな。( ゚Д゚)y─┛~~

皆既月食のうち、次に日本全国で部分食の始めから終わりまでを見ることができるものは、2022年11月8日に起こるそうです。

あいにく雲が多くて今夜の皆既月食はきれいに見られる所は少なく、太平洋側でも雲の切れ間をじ~っと待つことになるようです。寒さ対策を忘れずに!

この寒い中、じっと待つのは嫌っ!でも月食は見たい!

ごもっともです (-ω-*)゚.+:。ウンウン

そんな方には、インターネット配信でハワイから生中継をするそうです。(ハワイは好条件が揃っているらしいです。)

チャンスがあれば、スマホなんかでもキレイに撮影できるみたい。

珍しい事なので、見えるといいですね。( ゚Д゚)y─┛~~