遮光眼鏡について

眼の健康ビューナル, 遮光眼鏡

最近、遮光眼鏡のご注文を頂く事が多いので、遮光眼鏡のご紹介をしようと思います。

遮光眼鏡ってなに?

遮光眼鏡はまぶしさの要因となる500nm(ナノメートル)以下の短波長光(紫外線+青色光線)を効果的にカットし、それ以外の光を出来るだけ多く通すよう作られた特殊カラーフィルターレンズです。
まぶしさにより白く靄(もや)がかっているように見える状態を、短波長を取り除くことでくっきりさせ、コントラストを強調させます。

もちろん度付きでも作製出来ます。

最近では、単焦点レンズだけでなく遠近両用、中近、近々、アシスト、調光レンズ、偏光レンズ、などいろいろなレンズで作製出来ますので、用途に合わせてお選びいただく事が出来ます。お気軽にご相談ください。

また、場合によって 補装具として公的な補助を受けることもできます。 (必要な要件や書類があります。詳しくはコチラのページをご覧ください。)

レンズだけでなく、メガネの上から掛けられるオーバーグラスタイプやクリップオン式もあります。ご自分にあったタイプを選ぶのが肝心です。

東海光学㈱のViennaビューナル(オーバーグラスタイプ)\11,000

横や上からの光も入らないようにフード状になっています。

レンズカラーは自分に合ったものを!

光を遮るために必要なレンズの色ですが、なんでも良いわけではありません。自分の好きな色で選ぶのはNGです。

どのくらい眩しいかは個人差が大きいので、自分に合ったカラーを確かめて選ぶ必要があります。

東海光学㈱の遮光眼鏡は豊富なカラーで、自分にあったカラーを実際にサンプルで試しながら選ぶことが可能です。

サンプルカラーを目に当てながら、比較して選ぶことが肝心です。

やたらと眩しく感じて生活に不便を感じているのであれば、ぜひお試しください。

また、白内障の手術の後の眩しさの緩和にも最適と言えるでしょう。

(遮光眼鏡)に関してご相談や疑問などがあれば、お気軽にクロサワへお問合せ下さい。