遮光眼鏡について③

眼の健康オーバーグラス, ビューナル, 遮光眼鏡

先日紹介した記事の中で、(遮光眼鏡について遮光眼鏡について②はコチラ)オーバーグラスタイプのご紹介をしたのですが、すべてのメガネの上から掛けられるわけではないので誤解のないようお願い致します。

では、どの程度の大きさまでなら眼鏡の上から掛ける事が出来るのか?

今日はそれのあたりを書きたいと思います。

ビューナル タイプM

これは一般的な基準となるサイズのモデルになります。このモデルでどの程度の大きさまでなら大丈夫なのか?検証した結果なのですが、

以下のようになりました。

メガネの上下幅が43ミリ以内、横幅が143ミリ以内

次はお子様用のモデルです。

ビューナルキッズ

当然、お子様用ですから一般的なモデルよりも小さくなります。お子様用のメガネは上下の幅も狭いので上下は問題なくほとんどのメガネが入る大きさです。では横幅はどうでしょう?

その結果がコチラです。↓

横幅は115ミリ以内ならOK。

オーバーグラスタイプが使用できるかの目安にはなると思います。

ただ、自分で測ると誤差なども出るでしょうから、あくまで目安として下さい。

フレームの形状なども影響致しますので、メガネの上から使用できるかどうかは実際に店頭でお試しいただいた方が良いです。

遮光眼鏡に関して、ご質問、お問い合わせなどがございましたら、お気軽にお近くのメガネのクロサワへどうぞっ!!