.

遮光眼鏡

遮光眼鏡とは、羞明の軽減を目的として、可視光のうちの一部の透過を抑制するものであって、分光透過率曲線が公表されているもののことであす。

まぶしさの要因となる500nm(ナノメートル)以下の短波長光(紫外線+青色光線)を効果的にカットし、それ以外の光を出来るだけ多く通すよう作られた特殊カラーフィルターレンズです。

(ページ下部に販売メーカーへのリンクがありますのでご覧下さい。)

tokai ccp.jpg

retinex001.jpg

vergineimage001.jpg

vergineimage0001.jpg

welness.jpg

◎普通のサングラスとの違いは?

サングラスは、目に入る光を均一にカットするため、全体的に視界が暗くなることがありますが、遮光眼鏡は、まぶしさの原因となる光をカットし、黄色や緑色などの明るさを感じるために必要な光はできるだけ取り込むことが出来るため、まぶしさを抑え、明るく自然な視界を確保できます。

*遮光レンズに関しては、実際に装用してみてお客様の「目が最も楽な」レンズをお選びいただくことをお勧めします。実際にかけてみて最も楽な視界のレンズがお客様に最適なレンズですので、レンズの選定では、装用感を比較してお客様の実感により選択をされることが大切になります。

注意:  効果は個人により異なるため適応しない場合があります。

◎補装具の対象者  種目:眼鏡 名称:遮光眼鏡

対象者:以下の要件を満たす者。

1) 視覚障害により身体障害者手帳を取得していること。 

2) 羞明を来していること。(異常にまぶしさを感じることです。)

3)羞明の軽減に、遮光眼鏡の装用より優先される治療法がないこと。

4)補装具費支給事務取扱指針に定める眼科医による選定、処方であること。

この際、下記項目を参照の上、遮光眼鏡の装用効果を確認すること。

(意思表示できない場合、表情、行動の変化等から総合的に判断すること。)

・まぶしさや白んだ感じが軽減する

・文字や物などが見やすくなる

・羞明によって生じる流涙等の不快感が軽減する

・暗転時に遮光眼鏡をはずすと暗順応が早くなる

 

*商品の詳しい説明や他の商品をお知りになりたい時は、下のLINKからメーカーのホームページをご覧ください。

◎取り扱いメーカー

tokaikougaku2018.jpg

hoya2018.jpg

bach2018.jpg

 

Button12A_03.png