.

火星大接近

2018年夏、(7月31日)赤く輝く火星が大接近!

mars007.jpg

火星は直径が地球の半分ほどしかなく、地球から遠い位置にあるときには、望遠鏡を使っても表面のようすをなかなか観察することができません。しかし、火星はおよそ2年2カ月ごとに地球に接近するのですが、火星と地球の最接近は、2018年7月31日に起こります!

2003年には、地球と火星が5,576万キロメートルまで接近し、大きな話題になりました。今回は、これには少しおよびませんが、6,000万キロメートルよりも近い距離での接近となるのは、2003年以来15年ぶり!

「大接近」と聞くと、その日ばかりを気にしてしまいますが、火星の明るさは2018年6月下旬から9月上旬頃までマイナス2等を超え、観察しやすい時期が長く続くそうです。

2018年夏から秋にかけて、赤く明るく輝く火星を楽めるんだそうですよ。この絶好の機会に天体観測に興味を持つのも良いですね。

mars004.jpg

天体観測と言えば「天体望遠鏡」ですが、初心者向けから上級者向けまでいろんな種類があります。

以下に初心者でも扱いやすいモデルを御紹介します。

また、「天体望遠鏡の選び方」について詳しくはコチラをご覧ください。(外部サイトVixenビクセン)

mars003.jpg

(左)モバイルポルタA70Lf  40,000円(税別) (右)ポルタⅡA80Mf  55,000円(税別)

mars002.jpg

(左)ポルタR130Sf 60,000(税別) (右)接眼レンズHR3.4mm 20,000円(税別)

vixen製品はメガネのクロサワで、ご注文頂けますのでお気軽にご相談ください。

光学機器メーカーvixen ビクセンの公式HPはコチラです。(外部サイトになります。)

 vixsen201802.jpg

 

 Button12A_17.png