.

はじめに

お子様の視力は、身体の成長とともに少しずつ発達するといわれています。

身体の成長と同じように、視力も徐々に発達し、5~8歳ぐらいまでには、色を見分ける構造も出来上がり、大人と同じくらいの視力をもつようになります。

tomato0001.jpg

もし、この時期に視力に問題があっても気づかずに放置しておくと、運動や学習をするうえで大切な思考力、推測力、創造力の妨げることにもなりかねません。

 

◎日頃から、お子様の目つき、姿勢、態度などを観察する必要があります。

tomato0002.jpg

Button12A_03.png